キンプロしてましたw

どうも、ハヤブサです。

 

もはやブログの書き方を忘れるくらいご無沙汰してました。

いや、もうブログの書き方忘れましたねww

 

いや、別にブログを書くのが面倒になったとか嫌になったとかそういう事ではないのですが・・・

 

ワタシも「G1ロス」なるものに襲われまして、どうにもこうにもDestructionシリーズはあまり見る気にならなかったんですよね。

例年のようにG1後のシリーズは公式戦での借りを返していくシリーズであることは予想するまでもない既定路線なワケでして、その集大成たる両国大会の結果も透けて見えようというモノ。

 

というワケでワタシはキンプロならぬ禁プロを決意し・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

両国は2階指定席(4,500円)で観戦してきました!

結局見に行ってんじゃねえかと、えぇw

 

 

ま、そういうワケでして、両国大会の観戦記など書いてみようかと

重〜〜い腰を上げて記事を書き始めております。

 

 

いや、その前にブログを休んでいた間の近況報告をば。

 

え、聞いてない??

いやいや、聞かれなくても報告するのが社会人のマナーなのです(謎の納得感w

 

 

Before:体重69.5kg、体脂肪率24.5%(7月1日時点)

After:体重63.5kg、体脂肪率18.5%(10月12日朝時点)

 

実に体重6kg、体脂肪率6%の減量に成功しております。

 

もうね、ひたすら有酸素運動と筋トレ、プロテインゴクゴク状態ですよw

 

食事に関しては夕食に糖質を摂るのを控えているくらいで、朝昼に関しては全く制限しないという状況ですので、自分で言うのもナンですが、結構頑張ってます。

 

最終的には体重62kg程度、体脂肪率16%程度を目指しているのでまだまだトレーニングが必要ですね。

 

 

そろそろ両国のお話へと移ろうかなと思うのですが・・・

 

一番衝撃的だったのは会場で観た試合ではなく、後日自宅で観た新日本プロレスワールドの方でした。

 

解説でお馴染みの金沢克彦氏の大会総括記事でも触れられていましたが、

なんと17年ぶりに田畑祐一アナが実況復帰いたしました!!

 

これは驚きましたね。

ネット上でもいろんなところで取り上げられています。

そりゃそうですよ、マジでプロレス実況の・・・

 

 

レぇ〜〜〜ヴェルが違いますから!

 

最初は蝶野さんの横にいるのが田畑さんだと気付かず、

「タイトルマッチなのに知らん オッサンの実況かいw」

などと思っていたのですが、どこかで聞き覚えのある少し甲高くて良く通る声にハッとしました。

 

ワタシがプロレスを見始めたのは1996年頃からですので、当時の実況アナ軍団といえば辻よしなり氏、真鍋由氏(駆け出し時代)と田畑さんという感じだったと思います。

辻さんはちょっと鼻が詰まったような独特な声(失礼)が印象的で、真鍋さんは当時新日本にちょくちょく来ていた大仁田選手(現在7度目の引退目前w)にバックステージで度々恫喝されていたシーンが思い出されますw

 

ですが、田畑さんに関しては思い出すのは声なんですよ。

 

ちょいと話が逸れますが、ワタシ、スポーツ実況アナウンサーで好きな方が二人おりましてね、一人は田畑さんなんですが、もう一人はフジテレビの青嶋達也さんなんです。

そう、あのマルカトーレ青嶋こと青嶋達也さんです。あ、これはサッカー関連番組限定なんで今は全く関係ない話ですがねww

 

ところでどうしてこの二人が好きかと言うと、お二人ともとても滑舌が良いのと、声が甲高く通る声だからです。

ただ高ければイイってモンでもなく、ワタシが好きな周波数帯がおそらく存在しているのだと思うのですが、この二人の声はワタシにとってはシックリくる声なんです。

なので、試合内容にしっかりと集中できるワケなんですね。

 

そんなワケで田畑さん復活に歓喜したのですが、これは是非今後も継続してワールドプロレスリングの実況をしていただきたいですね。

 

蛇足ですが、田畑さんの声を久々に聞いて思い出した試合がありましてね。

それは1998年1月4日東京ドーム大会のIWGPジュニアヘビー級選手権試合、王者大谷晋二郎vsウルティモドラゴンことアサイ大先生の試合です。

何故かこの試合で田畑さんが「ラ・マヒストラルぅ〜〜〜〜!!」と叫んだシーンを思い出しました。

思い出した理由は皆目見当もつきませんが、とても気持ち良い声なので是非ワールド加入者の方は一度聞いてみてください。

 

 

ふむ、記事を書く前からなんとなく想像はついていたのですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり冗長かつ内容が薄〜〜い仕上がりになっていますねww

 

と言うワケで、続きは次回以降といたしましょう(THE・逃げ口上

 

 

それでは皆様。

 

アスタルエゴ!

 

アディオス!!

 

f:id:hayabusa1982:20170727213252j:plain

 

コレは徐々に撒かれるオカダの王座陥落への布石なのか?

どうも、ハヤブサです。

 

G1公式戦が折り返し地点を迎えました。

Aブロックは内藤、棚橋、ザックが勝ち点6で首位。

Bブロックはオカダが唯一の全勝で勝ち点8の単独首位。

少しずつ先んじる選手が出始めてきています。

 

ワタシとしてもちろん内藤選手を応援しているワケですが、第三世代の永田、小島両選手が4戦全敗という現状は、寂しくもあり、また、これが現在の新日本プロレスの序列なのだなという気持ちにさせられているところです。

 

去年は天山が、今年は永田、小島が引導を渡され、いよいよ第三世代に引導を渡されてしまう大会になってしまっています。

 

 

 

・・・・(メモリ呼び出し中)

 

 

 

 

 

いや、皆さん忘れないでくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

まだ中西学というモンスターがいることを(棒)

 

いや、もちろん中西選手のコンディションが非常に厳しいことはライオンズゲートの試合を見るだけでも十分に伝わっていますし、来年のG1に第三世代最後の砦として中西選手がエントリーされることも無いであろうこともわかっているつもりです。

 

しかし。

 

2016年の柴田対第三世代の抗争にも入れてもらえず、G1もシレッと戦力外通告というのではちょっと可哀想な気がしてしまう想いも確かにあるんです。

それでもこのような状況ということはそれだけ厳しいコンディションということなのでしょうね。

 

第三世代を応援するファンの皆さんは、どこかで用意されるかもしれない永田、小島両選手の勝利の瞬間を期待しながら最後のG1を見届けましょう。

(シレッと小島さんも最後のG1かのように書いてみましたw)

 

 

さて、本日の本題です。

 

 

7/22後楽園ホール大会のバックステージから見せ始めたオカダの挑発発言。

・俺はG1優勝なんて小さな目標のためにやってるんじゃない

・みんな俺が負けるところを見たいんだろ?

・強すぎてゴメンナサイ(テヘペロ

・小島?出場資格ないでしょ。5分で終わらせてやるよ

 

 

先日のロス大会までのような、スポーツマンヒップにモッコリ・・・

 

じゃなくて、スポーツマンシップに則った優等生発言からちょっとした変化を見せています。(というか、このボケ懐かしすぎてわかる人いるんだろか?w)

 

これはひとえにオカダのここまでの圧倒的強さに裏付けられた自信の現れと思えるのですが・・・

 

 

何だかファン心理を煽りに来ている匂いがプンプンしております。

 

すなわち。

 

 

いつか来るオカダ敗北の日に向けて、オカダに対する負の感情を芽生えさせようとしているのではないかと、そんな風に感じているワケです。

 

もちろん、試合自体はしっかりと相手を受けきって勝つスタイルを貫いていますし、ダーティファイトは一切しないので、再びヒールターンするという事までは思いませんが、オカダの負けを願う声を意図的に増幅させようとしているんじゃないかな〜というように見えるんですよ。

 

それとは対照的に、ライバルであるケニーはバレットクラブのリーダーでありながらクリーンファイトを望みすっかりベビーフェイスですし、内藤は今までと変わらぬスタイルで大歓声を浴びています。

 

 

もしかしたらオカダのG1全勝優勝をマジでやっちゃうの?

 

な〜んて僅かながらにも心配してしまっているワタシは既に新日本の掌の上なのかもしれませんが、ここは一つ、新日本を困らせてやろうじゃありませんか!

 

そうです。

 

半官贔屓という感情を利用してオカダへのブーイングを増幅させようと画策する新日本に逆行し、みんなでオカダに大声援を送っちゃいましょう!!

 

オカダがどんなに嫌味な発言をしても、どんなに相手を嘲っても、どんなに挑発しても、みんなでオカダコールを送ろう!

 

そしたら新日本もちょっとは焦るだろ!

 

今日のセミファイナルでレインメーカーポーズに対してブーイングが飛びましたが、きっと新日本はこう思っているはずです。

 

新日本プロレスファンの皆様、トランキーロ!

あっせんなよ!!

f:id:hayabusa1982:20170727213252j:plain

同門対決解禁の裏に見えるのは鈴木軍の生きる道?

どうも、ハヤブサです。

 

G1クライマックスは全戦観戦しているのでいくらでも感想の書きようはあるんですけども、どうにも消化試合っぽい試合が多くて煮えきらぬ思いをする大会な感じがしてしまっていて筆が進みません。

 

今年の新日本はアメリカ進出などもしているので、ご自慢のバッチバチのファイトを見せてこれぞ新日本!的な大会を見せていかなきゃいけないと思うワケなんですが、何か肩透かしを食らっている感じがしております。

 

実は22日(土)の後楽園ホール大会は、仕事の関係でお客様企業が出場している都市対抗野球の応援のために東京ドームに行っていたため、ついでに当日券を買って会場で観戦してきたのですが、ワタシ的メインイベントと思っていたSANADA vs 鈴木みのる戦も何ともビミョ〜な出来栄えで、これなら自宅でTV観戦してれば良かったとガックリ肩を落として帰路に着いた次第でございやす。

 

内藤ファンのワタシとしては彼が優勝してくれりゃいいワケなんですけども、こんな感じで興行が進んでいくと何だか間延びしている感がハンパなくて、イマイチ見る側として気持ちが乗ってきませんで、どうしたものかと。。。

 

ま、選手をほどほどに休ませる意味では消化試合も必要なのかもしれませんが、G1でそれをやられちゃうとねぇ・・

 

 

さて、そろそろ本題に。

 

このG1からいよいよ各ユニットの同門対決が各所で勃発しており、今後の抗争の幅が出てきそうな感じがしてきましたけども、ここまでの流れを見ている限りでは、ユニット内の序列争い程度の部分しか見られず、現時点ではそこまで大きなうねりにはなっていないように思います。

 

それはそれで良いのですが、試合が終わった後に見られるのは決まってメンバー間の絆を深めるというシーン。

去年までは多少ヒールっぽいことをして時折ブーイングを浴びていたロスインゴやバレットクラブも2017年に入ってからは専ら歓声を浴びるばかりな上、ケニーに至っては自分を完全にベビーターンさせてしまっていて、新日本からヒールユニットが消えてしまいました。

ライガー選手も新日本プロレスワールドのCMLLアレナメヒコ大会の解説で言ってましたよ、本家CMLLのロスインゴベルナブレスは完全にルードだけど、日本のロスインゴはテクニコだって。

 

そうすると誰かが悪役をちゃんとやり切らないとプロレス的な面白さが削がれてしまうわけですが・・・

 

 

今の鈴木軍にそれができるんでしょうかね?

 

ま、ボスのみのるオジサンは49歳とは思えぬ肉体と運動量だとは思いますが、たった一人でこの大役を演じきるのは無理でしょう。

ボス以外の選手は正直パッとしないのばっかりだし、ザックがこのG1でどこまでいけるかという部分だけが希望の光といったところでしょうか。

 

みのるオジサンも気合い十分な顔で試合をしているのですが、先日のSANADA戦はちょっとガッカリしてしまいました。

最近のSANADAのお気に入りであるパラダイスロック、これは食らっちゃダメでしょう。

逃げようと思えば絶対逃げられる技なんだから、こういうの受けちゃうと所詮は新日本の言うなりに試合しているんだなって所が透け過ぎちゃうと思うんですよね。ま、実際は大まかな試合の流れ含めて打ち合わせ済みでしょうが、イメージってもんがありますからね。

動きに衰えがあるのは仕方ないにせよ、この年齢でこのレベルの動きが出来るのは逆に凄いことだと思うのですが、みのるオジサンはプロレスのおふざけ部分に付き合わない方が客側も楽しいんじゃないかなと思ったりします。

 

そんなことより、棚橋、永田、真壁、ファレ、YOSHI-HASHI、小島、ジュース、矢野(要審議)あたりはとてもG1出場クラスの力じゃない気がしますね。

ま、矢野さんは金的枠と星調整枠という二つの役目をこなしているため、まだまだ頑張っていただく必要がありますがw

(※矢野さんはアマレスでは永田さん以上の実績を残している猛者なのも忘れちゃいけませんw)

 

 

ここだけの話、後楽園ホール大会の日に会場入りするジュース選手とすれ違いまして、ロスインゴのTシャツに気づいたのか、私の方を見てきたのですが・・・

 

ワタシ完全に無視してしまいましたww

 

最初は一声掛けようかと思ったんですけど、サングラスしてガムをクチャクチャ噛んでる姿を見て、ここ最近色んなタイトルマッチに出てプロレス上手くなったと勘違いしてやいないかと、ちょ〜っとカチンときたんですよ。

(眩しい日にサングラスしてても良いし、ガムだって噛みたきゃ噛みますよね)

 

完全にコドモですね、ワタシww

 

 

ま、それだけこのG1の試合でフラストレーション溜まってるんですよ!

 

エンセリオ!

マ・ジ・で!!

f:id:hayabusa1982:20170702211337j:plain

みんなジュニアのことを忘れないでくれよ。

どうも、ハヤブサです。

 

最近めっきり更新頻度が落ちております。

ま、興行の合間の時期で試合がないですし、仕事がそこそこ忙しい時期というのもありますが、先月から始めた白湯ダイエットに加えてちょこちょこと運動をし始めているもんですから、記事を書く時間が無いのです。

 

ちょこちょことした運動とは、一体どんな運動か(内藤風に

 

答えはモチロン・・・・(たっぷりと煽ってから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウォーキングです(THE・普通)

 

バキバキに筋トレして筋肉をつけるのも大切なことなんですが、我が肉体にこびり付いた贅の限りを尽くした数多の脂肪分を除去することの方が大切なのです。

 

で、改めて有酸素運動について調べて見たところ、運動中の心拍数が大切であるとのこと。

しかし我が家には心拍数を測れる素敵アイテムが無いためコチラを購入。

 

最近流行りのスマートブレスレットというもの。

いろんなタイプがあるようなのですが、ワタシはシンプルなものが好きなので、あまりデザインが凝ってなく、且つ求める機能が搭載されているものをチョイスしました。

決め手は血圧計がついてることですかね。健康管理も視野に入れた場合、血圧が測れるというのは便利です。

タニタの血圧計、サヨーナラー!) 

 

 もちろんスマホアプリと連動していますし、そのアプリデータの一部(歩数、心拍、消費カロリー)をiPhoneのヘルスケアに同期させられるのでデータ管理も楽チン!

 

そしてついでに筋トレ器具も購入。

 

コレはいいですよ〜。

付属の浮き輪みたいなものに水を入れてダンベルにするのですが、重量があっても水なのでフローリングに直接置いても傷つく心配がない。

仮に落としても金属じゃないので自分が怪我する心配もない。

 

不安は無い無い尽くし、効果はあるある!

ダテに丸藤をイメージキャラクターにしてないぜ!!

 

日本全国、筋トレサマー!

筋トレしようぜ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・取り乱しましたw

 ワタシはアフィリエイトをしたいワケでは無いのです。

 

 

 

みなさん、ロス大会やらG1本戦開幕で、すっかり忘れちゃってませんかね?

 

 

このシリーズでデスぺさんがIWGPジュニアに挑戦するかもしれないということを。

(何なら鈴木軍と決別してもエエんやでw)

 

というワケで、デスぺさんのTwitterを見てきました。

  

 俺もやったわ、レッドアリーマーによく泣かされたよねw

って違うわい。

 

釣りのことはワカラン・・ま、IWGPジュニアのこと言ってんだよね?

 

 

 

 

これだけボール投げてるのにKUSHIDAからも公式からもガン無視ってのはチョット可哀想な気もするが、果たしてどうなることやら。

 

 

内藤選手が言うように、プロレスってのは妄想する時間が一番楽しいにも拘らず、そのためのサービスを怠っているKUSHIDA選手には一言モノ申したいのですが、それよりも別の件で彼には言いたいことがあるんですよね〜。

 

KUSHIDA選手はちゃんと相手の技を受けてあげないと相手に怪我させちゃうと思うのですが、直す気は無いのでしょうかね?

 

去年までのジュニアのハイフライ系ムーブって、オスプレイリコシェも自分で着地出来る技がほとんどだったから、ある程度体の軸をズラして受けてもあまり支障はなかったのかもしれませんが、、、

ヒロム選手が帰国してからはダイビングセントーンのような相手がしっかり受けてくれることを前提とした技が出てくるようになっているので、こういう技は受け手がしっかりと構えていてあげないとダメだと思うワケなんです。

 

ではドラゴン・リーとKUSHIDAの受け方を比較して見ましょう。

 

f:id:hayabusa1982:20170717112243p:plain

 

f:id:hayabusa1982:20170717112328p:plain

 

 続いてKUSHIDA。

 

f:id:hayabusa1982:20170717112409p:plain

 

f:id:hayabusa1982:20170717112444p:plain

 

分かりますよね??

 

明らかにKUSHIDAは相手の技に対して正面に立てていないし、結果的にヒロム選手はロクな受け身も取れずに腰を強打してしまっています。

(肩を怪我しているとか理由になりません)

 

危険技がどうのこうの言われる昨今、確かに大切な議論なのかもしれませんが、それよりも大切なのは相手の技をしっかりと受けられることなんじゃ無いでしょうか。

 

受け手がしっかりしていなければ、それほど危険な技でなくても殺人技に変貌してしまいます。仮にもジュニアを引っ張るとか言っているのなら、基本をまずはしっかりしていただきたい。

なお、東京ドーム大会でこのシーンを見て以来、同年代選手を応援すると言うワタシのポリシーに反し、KUSHIDA選手は応援対象選手から除名処分となっておりますw

 

 

それでは基本がしっかりしている内藤選手の受けを見て見ましょう。

 

f:id:hayabusa1982:20170717112926p:plain

 

f:id:hayabusa1982:20170717112954p:plain

 

腕を負傷している棚橋選手へのダメージが少なくなるように、しっかりと身体を抱えてクッションになる体勢を作っていますね。

 

腕への蹴りとか、腕極めとか、変なフィッシャーマンとか自分が目立つことばっか考えないで、王者なんだったら相手を引き出す闘いを見せてくださいよ。

 

エンセリオ!

マ・ジ・で!!(恨みBUSHI!ウマイww)

f:id:hayabusa1982:20170702211337j:plain

 

G1 CLIMAX27大予想!・・は、しませんw

どうも、ハヤブサです。

 

大盛況で幕を下ろしたロス大会から、G1本戦までの束の間の休息ですね。

巡業の合間の時期なので、本当なら優勝予想などをしながら妄想タイムを楽しむべきなのでしょうけども。。

如何せん今年は内藤選手に優勝してもらわにゃ内藤ファンの溜飲は下がらないワケで、予想もへったくれもありませんww

 

そんなワタシがどこをどう予想したって「内藤優勝」の結論しか出てこないので、今回はそういうことはやめてみようかなと思っているのです。

 

しかし、今回どうにも気になっている点があります。

 

それは。

 

 

ファンが内藤優勝を願い過ぎている

 

 

これは怖いですね〜。

G1といえば日本プロレス界の一大イベントですから、ビッグサプライズが起きても何の不思議もありません。

実質的に東京ドーム大会のIWGPヘビー級タイトルマッチの挑戦者決定戦という位置付けになってはいますが、G1優勝というのは大きな勲章の一つです。

そんなスターダムへ一発でのし上がれる大会ですから、内藤以外の他の選手が評価爆上げされちゃうんじゃないかと、ヒヤヒヤしています。

 

内藤ファンかアンチ内藤かは別にして、今年内藤選手が優勝すると思っている人がどれほどいるかわかりませんが、かなりの割合を占めていることでしょう。

 

ということは、内藤選手以外の誰かが優勝するだけでビッグサプライズになってしまいますからね、ここ最近タイトル戦のマッチメイクが雑になりがちな新日本ですから、内藤選手からG1優勝というご褒美を雑に取り上げやしないかと心配な気持ちもあります。

 

 

うん、予想しないと宣言しているのでこのへんにしておきましょう。

 

 

さて、だいぶ間が空いていますが、今日は7月4日に開催されたライオンズゲートの感想などを綴ってみたいなと思います。

こんなにヤングライオン豊作なんですから、もっと盛り上がらなきゃ!!

 

 

今回の大会はメインでKAIENTAI DOJOの吉田綾斗選手が第3世代の永田選手にシングルで挑むというとても楽しみなカードがあったのですが、残念ながら吉田選手の怪我によりカード変更となってしまいました。

ホント残念。。。

 

天文学的確率で永田選手に勝ってG1出場権を強奪!って展開を期待してたんですけどねぇ〜w

 

そんな期待を寄せていた理由はコチラ。

ライガー選手の2番煎じでは盛り上がらんワケです。

 

そうは言っても流れてしまったものは仕方なし。

 

また次回に期待しましょう。

 

 

で、ワタシが今大会のベストバウトと思ったのが第4試合。

川人拓来 vs ディック東郷の一戦です。

 

川人選手は今のヤングライオンの中ではデビューが1年早く、最近では棚橋選手と組んで内藤&ヒロム組とのタッグマッチに出場したり、かなり成長している選手ですね。

そんなヤングライオンたちがベテラン選手の胸を借りて目一杯ぶつかっていくというのが見所なワケですが、光っていたのは完全にディック東郷選手でした。

 

ディック東郷選手といえば昔の海援隊ユニットのメンバーで、ちょうどワタシがプロレスを見始めた頃はTAKA選手とWWFに参戦してた時期だったでしょうか。

当時は映像で見る手段がなかったので、実際に試合を目にするのは初めてでした。

 

序盤のグラウンドの攻防から完全にディック東郷選手の独壇場という感じでしたね。

腕の取り方ひとつであんなに観客を魅了出来るというのはやはりベテランのなせる技なのか、やはり引き出しの数が圧倒的に違いました。

目立つ技というのは場外からリングに戻る時に繰り出したセントーンアトミコとフィニッシュのダイビングセントーンくらいだったでしょうか。

しかしわずか10分弱の試合中にどれだけ感嘆の声が漏れていたか、数え切れません。

 

プロレスには受けの美学があると言いますが、ディック東郷選手は受けも本当に美しかったです。本当に基本的なことですが、これによって川人選手の技も引き立つし、しっかりと見せ場を作らせた上で勝ち切るという、まさにプロレスの教科書のような試合で本当に感動しました。

 

先日のロス大会ではケニーvs石井戦のようなバチバチのファイトで観客を沸かせた新日本プロレスですが、こうした渋い闘いというのも次世代にしっかりと受け継がれて言って欲しいものですね。

 

 

この日はTAKA選手も試合が組まれていて、今年デビューした八木選手とシングル戦を行ったのですが、こちらも完全にTAKA選手の独壇場。

しかし、ディック東郷選手の試合と異なり、TAKA選手は八木選手に何もさせない!

 

この試合を見ている時、以前ありがとうTV!というYoutubeチャンネルで、TAKA選手がKAIENTAI DOJOの女性レスラーERINA選手とシングル戦をした時の話を思い出しました。

12分30秒あたりからです。

 

敢えて受けず、完封することでプロレスの厳しさを教える。

 

まさに八木選手との一戦もそんな雰囲気の試合でした。

この日のTAKA選手はいつものように鈴木軍のコスチュームではあるものの、前髪は逆立てておらず、中身はKAIENTAIのTAKA選手だったのかもしれません。

 

八木選手としては見せ場なく終わってしまったワケですから、凄く悔しい思いをしたと思いますが、こういった試合を経験することで、どうやって相手に技を受けさせるか、どうやって自分のペースに持ち込むか、ということをたくさん悩んで成長してほしいです。

 

というワケでG1開幕戦まで1週間を切りました。

 

が!

 

トランキーロ!!

あっせんなよ!!

f:id:hayabusa1982:20170711215334j:plain